「鬱」タグアーカイブ

心療内科へ行ってきました。復帰後編~その11

またもやカウンセリング

カウンセリングが悪いとは言いませんが、

ずっと進展がないと、さすがにいらいらとしてきます。

 

「本当に治るのか?」と思ってきてしまい、

自分も、うつになる前から考えると、ボーっとしている時があり完全ではないので、病気だと言う事がわかります。

 

何より、薬の量は変わらないので、本当に大丈夫なのか?

と思い続けてしまいます。

 

ついに来た!減薬の話

今回も結果的には、先生とお話をしただけでしたが、

次回の話として、減薬の話が出ました。

 

少しずつ減薬するそうですが、ついに前に進みだした気がしてようやくホッとしました。

 

やっぱり、モチベーションをいかに保つかなんだなぁ。

 

心療内科へ行ってきました。復帰後編~その10

一切進展のない話

復帰後、3か月くらい経つと、日々の仕事をがんばっているだけで、うつ病状の回復の進展が感じられません。

一応、なんとか仕事に行ってはいるものの、

今までとは違い、本当に「精一杯」です。

 

なんだか新人の頃を思い出すような感じです。

 

会社の同僚も、「お前病気で休んでいたっけ?」と言う雰囲気になってきていて、そろそろ残業して働け雰囲気が出てきます。

でも、自分を保って定時帰りを続けています。

定時帰りでもすごいと自分では思います。

 

そんな話を先生としました。

一切進展のない、カウンセリングみたいな診療です。

 

焦ります

正直、自分では回復することに焦ります。執着します。

健康でありたいと、心の底から思うのですが、

うつはすぐには治らないみたいです。

 

自分でもまだ、前のやる気やテンションが戻ってきている訳ではないと感じます。

 

と、焦っていることが会社の上司にばれたみたいです。

 

報告書に上司のコメントとして

「ゆっくりいきましょう」

と一言添えてありました。

 

見ていてくれている人がいる。とてもうれしかったです。この会社(人)でよかったと、心の底から思えました。

 

モチベーションを保つことが一番の薬

うつからの復帰は、モチベーションを保つことが難しいです。

長い時間をかけてしか治らない病気なので、その後人生に復帰できるかどうかは、モチベーションをいかに保てるかどうかだと改めて思いました。

私はまわりの人に恵まれて、運が良いので、復帰も順調です。

本当に運がいい、けど自分はまだまだいっぱいいっぱいです。(‘◇’)ゞ

心療内科へ行ってきました。復帰後編~その4

まだまだ、あせらず

自分でもわかるのですが、1.5時間延ばしただけで、

体にかかる負担と言うものが結構あります。

 

先生とのお話もすぐに終わり、

「このまま引き続きゆっくりと復帰しましょう!」

と言う事でした。

 

いつも思うのが、

鬱になる前、「休職前はよく普通に仕事をこなしていたなぁ」

と言う事。

 

14時間勤務とか、16時間勤務とか今では考えられない。

 

疲れたらサインが出る

私の場合、疲れたら夜に蕁麻疹がでます。

夜だけ。

次に心療内科に行ったときに相談しよう。

心療内科へ行ってきました。復帰後編~その2

やっぱり必要だった薬の調整

さらに1週間時短で出社しましたが、朝が眠たくてたまりませんでした。

そのことを先生に相談すると、半分の量の薬があるとのこと。

 

え~。先週も同じこと言って、復帰ペースが速すぎると言って怒られましたが(´・ω・`)

でも今週は良いのね。

会社への復帰ペースのスピード認識があっていれば、先週怒られることもなかったのかなと思いつつ。

 

睡眠薬の量を減らしてもらいました。

ちなみにうつの薬はそのままです。

 

会社へ行って

業務内容が、結構重いものを言われだしました。

 

流石、私。信用がある。

 

と言う話ではない気がします。

ただ、確かに他の人より正確な資料を作っていたり、お客様や上司が求めるものが早くできるから、鬱の治療中だと言う事をわかってもらえていないみたい。

これは少し困った。帰ってからも疲れがひどくてばたんきゅ~な一週間になりそうです。

祝)うつにうちかつ第一歩

出社しました

本日から出社しました。私が言うのもアレですが、うちの会社は限りなく黒に近いですが、働いている人たちは良い人ばかりで仕事はしやすいです。

なので、黒に近くても辞める気が少ないのかもしれません。

仕事は他の人が面倒だから仕事になるわけで、システム屋なんてどこも同じような環境です。それならば、いい人に囲まれて仕事した方が楽です。

とまぁ、本音を混ぜつつ会社を誉めましたが、会社へ復帰しました。フル出勤ではありません。

 

うつなめてました

なぜ、フル出勤ではないのかと言うと、うつの症状が出ていたからです。

最初は睡眠薬の症状かと思いましたが、心療内科の先生とお話したところ、「緊張」状態がうつの状態の引き金になっているとのこと。

妻から言われたのは、「顔が白くて唇が紫色になってた。うつの時の症状だと思った」そうです。

自分では、会社へ行きたいわけではありませんが、行きたくない理由もありませんので、緊張ではないと思っていました。

 

また、心療内科の先生からは、特に会社の就業規則に口出しすることはできないけど、普通は産業医と相談して時短勤務から始めるそうです。

自分では初めての事なので、「普通」がわからないし、会社としても復職経験が少ないので規則がありません。

 

ダメ元で交渉して勝ち取った

心療内科の先生の言葉をそのまま会社へ伝えました。

すると、時短勤務の許可があっさり下りました。うちの会社のこういうところは良いところですね。

ただ、お金の面の話ができていません。給与なしや税金等でマイナス給与がどのくらいになるのか、きちんと聞かないといけません。ココだけは聞くのが怖いです。

今後、長く働けられれば少々の出費はしかたないと思います。リハビリを手伝ってもらっていると思えば、、、

でも、正直なところ今後のことを考えると、経済的には苦しいですね。

今は、太陽光発電と株で、プラスになっているのが経済的な希望です。

あと、うつになって気が付いたことを記載します。

不労所得は魅力的ですが、働いて得たお金の方が幸せを感じます。働いてお金を稼いでいるのに、使う時間が無く、お金に対してどうでもよい状態は、既にうつ状態です。

 

まとめ

できたこと

・自分の通常勤務(復職)

・時短勤務

・会社との交渉

 

できなかったこと

・フル出勤

・自転車通勤

・税金やらお金の話

 

先生からの格言:

飛行機は離陸よりも、着陸のほうが慎重になるのと同じく、復帰するときは慎重に事をすすめること。

リウマチのセカンドオピニオン治療その2

治療=メトトレキサートを服用せずに寝ているだけ

メトトレキサート(MTX)を飲まずに2週間が経過しました。

検査結果から言うと、肝臓が治ってきました。

リウマチ因子、炎症反応ともに下がっていました。

 

え?MTXっていったいなんなんだろう。

いや~。私の場合、MTX自体が「ストレス」になっていたのですね。リウマチもストレスによるところが大きいみたいです。

 

鬱についてもかなり良い

症状について、自分でわかってきました。

肝臓が悪いと、しんどくなって鬱に入る。

肝臓の調子が良いと、体も休めてうつの症状が良くなる。

 

最近とても調子がよく、来週からの会社への復帰が良い感じで進められそうです。

 

後は落ちた筋力を元に戻すリハビリが必要ですね~

この辺は、筋トレといっても、椅子に座ってゲームをし続けるとか、自転車に乗って買い物に行くとかいうレベルです。

自転車はしんどい。( ;∀;)

 

だけれども、本当によかったと思います。

病院も、「薬を出さない勇気」が治療として大切なんですね。

心療内科へ行ってきました。

今日は、朝からお出かけして、実家に子供たちをあずけた後、心療内科へ行ってきました。

 

朝からひとまず、スシローアプリで、昼食の寿司を予約して・・・

「あれ?、アプリにログインできるけど、WEB注文側でログインできない」

と言うトラブルに巻き込まれ、WEBシステム開発あるあるネタで、シングルサインオンのデータ不具合だと確信。

再度初期登録からやり直して復旧しました。

上場して、株を買ったからお祝いに注文したら、幸先が心配になるシステムでした~

 

でも、お寿司はスムーズに受け取れて、ジジババとみんなでおいしく、いただきました。

システムの不備を度外視する、スタッフの良い対応や、おいしさのスシローでした。その点で言うと、無理にシステムを使わずに、電話で注文したほうがよかっただけかもしれません。

 

その後、実家に子供たちをあずけて、心療内科へ行きました。

動悸が激しかったことを先生に聞いてみましたが、そのようなことはよくあることのようでした。

 

「頭もふらふらして、座っていられませんでした。

動悸も激しく、命に係わることはないですか?」

先生「スポーツをして心拍数は180程度になります。

副交感神経と交感神経の切り替えが起こった場合

心拍数は上がっても120程度なので、命に別状は

ありません。」

 

納得です。

※これは、うつの診察してもらってのお話なので、心筋梗塞等の疑いがある人は違います。ご注意ください。

 

納得したとはいえ、関節リウマチの方は、明らかに肝臓の数値がダメなので、体力的な回復ができていないとのこと。そちらは関節リウマチのセカンドオピニオンで、しっかり診てもらう事が必要です。

 

なんか、関節リウマチは漢方とかで劇的に治らないかな~

メトトレキサートで悩んでいる人は、私だけではないはず。

 

そうしたら、うつも完全に治る気がします。気がしているだけで、そんなに甘くはないとは思いますが、希望を持つことも必要だと思いました。

回復したら、ブログに何が良かったのか、その時の「希望」を詳細に記載していきます。

また、ダメだった場合は、病な感じになりますが、ご了承くださいませ。

関節リウマチの通院

本日は、先週の血液検査の結果を聞きに、整形外科へ行きました。

予想通りと言うか、リウマチ因子は減っているけど、肝臓がとても悪くなっており、メトトレキサートの薬を続けるわけにはいかないと言う状態でした。

うつの調子が悪い時=寝ても疲れが取れない

まあ、メトトレキサートの副作用で肝臓が悪くなっていれば、そりゃぁ疲れも溜まりますよね~

 

納得はしましたが、解決策がないので、セカンドオピニオンとして大きな病院を紹介してもらいました。

ただ、次が早くて4月末って、時間がかかるなぁ・・・

 

それまで、メトトレキサートを飲まないで良いから鬱は気にしなくて良さそうですね。

関節が動かなくなったら」、、、と言うところが漠然とした恐怖で、残ってますけどね~

ひとまずは、体調管理に徹底して、休養して落ち着こうと思います。

心療内科11

本日心療内科に行ってまいりました。

 

うつの症状は良くなってきているので、仕事復帰に向けてリハビリをしていくようにとのお話でした。

 

どうやら、精神的なものではなく、肉体的に衰えているとのことでした。

確かに、2週間寝たきりになっていると、筋肉が半減すると聞いたことがあります。

寝たきりまではいきませんが、体力の衰えは自分でも感じています。メインは座りっぱなしのシステムエンジニアですが、8時間座っておく事は難しいです。

 

これから、どうして行こうかな~?

ひとまずは、ランチを食べに、近所のお店へウォーキングや、座ってパソコンを使うようにしていきます。

 

その他、別館、編集しました。

心療内科10

心療内科へ行ってまいりました。

 

今回もそこまで調子が悪くはなかったため、何事もなく大丈夫でした。

ただ、今後のこと(会社への復帰)が気になって、そろそろ薬を調節しないといけないのではないか?と先生へ質問してみました。

 

先生からは、「会社でまたストレスが溜まるはずだから、薬は飲み続けて復帰する」が良いとのことでした。

私としては、薬を飲んだまま、車通勤に支障はないのかなど、色々と疑問は残りました。しかし、今はまだ体調を整え、休むことが重要、生活リズムを整えることの方が先だと思いました。

 

そのため、今後は、夜早めに寝て、日記は翌朝に更新したり、不定期になるかもしれません。(*’ω’*)