「リウマチ」タグアーカイブ

心療内科へ行ってきました。復帰後編~その8

3日間お疲れ様

カレンダー上、リハビリには都合がよく、

先週はフル勤務としては3日間でしたが

無事に復帰することができました。

 

そして、今週5連勤にならないように、心療内科の通院を入れているという強かな私。(*’ω’*)

 

この3日間は小さな一歩ですが、

会社の復帰にあたっては、大きな一歩だと感じています。

 

先生から意外な言葉が

「リウマチとうつを持っている若い患者さんで、

リウマチが落ち着くと、良い感じに回復して、

どちらも寛解になる人が多いのよ」

 

私「え?」

 

そんなこと一言も言ってなかったやん|д゚)

まあ、守秘義務があるから他の患者さんの事言えないのだろうけど、個人を特定しているわけでもないし、その希望は早めにほしかった。( ;∀;)

 

うつとリウマチの事例、結構多いのね。

 

そして、希望もあり・・・はよ言ってくれYO!

 

順風満帆

3日勤務できた。

希望も出てきた。

今週は4連勤。

そして、来週は5連勤。

 

これができて、落ち着けば、減薬もできてくるのかな?

整形外科に行ってきました

待つのが長い大病院

整形外科へ行ってきました。

市の病院だけあってとても大きく、新築されたばかりで綺麗です。

しかし、いかんせん、待ち時間が長い、長すぎます。

 

結局会社は1日休むことになりました。

 

検尿でないよね~

ここで、あるあるネタ。

朝は流石にトイレに行って、

そのあと1時間後くらいに検尿とか、

無理( ˘•ω•˘ )

 

ホントに絞り出す感じ。

朝起きて1時間ちょっとトイレに行かないことも無理だし、

トイレに行った後1時間程度で復活とか、

人間そんなにうまくできてねーよ!

 

結果は吉

愚痴は言っても、気分は最高。

と言うのも、薬を飲まずにきて、

リウマチの炎症反応が出ていないからです。

 

リウマチ因子自体の数値は上がっているものの、

朝にこわばる程度で、炎症反応が無いのです!!!

 

次は、3か月後で、その時も炎症反応が出ていなければ

「寛解」

と言われました。

私の頭の中では、嬉しさのあまり、卍解!みたいな感じで、

かんかい!と連呼していました。

 

「やった!」

と声に出てしまったみたいで、先生と看護師さんから笑われましたが、本当にうれしいのです。

 

不治の病に侵されてわかる、健康のありがたみ。

症状が出ないと言うだけですが、

一つの区切りを迎える寛解。

 

ここ最近、こんなにうれしかったことはありませんでした。

乾癬(かんせん)という病気について

道端アンジェリカさんの告白について

そらジロー先生を見ようと、ミヤネ屋を見ていたら、道端アンジェリカさんの告白がありました。乾癬であることを告白。よくやった!がんばったねと言ってあげたいです。ですが、まあ、届かかないでしょうね。

モデルと言う職業がら、皮膚病は死活問題だとおもいます。

乾癬とは、免疫疾患で、日本人の500人に1人という確率で発症していると聞きました。この人数は結構多いです。だって、1回なったら、ずっとあるのですから。

 

私は、頭皮に乾癬、目の周りに蝶型紅斑があって、頭皮は皮膚科の先生から乾癬ですねと言われていました。

ただし、私は平凡なサラリーマンなので、対人的に不潔に見られない程度に、フケとか気にしながら仕事をしていました。

一応言っておきますが、かんせんは感染しませんよ~。

ジロークラブでは、道端アンジェリカさんは心中お察しします。なので今後、応援することにしました。

 

乾癬(かんせん)の治療についてNG事項

私は免疫疾患として他にリウマチを抱えており、このリウマチの方が今まで問題だったため、メトトレキサートで治療していました。

リウマチの治療中に皮膚科へ行くと、メトトレキサート(MTX)は乾癬の治療にも使われると言われました。

皮膚科の先生からしたら、一石二鳥だったのかもしれませんが、このMTXは白血病の治療にも使われる、副作用の強い薬と言う事を忘れてはいけません。

個人的な感想ですが、このMTX服用中は地獄のような日々でした。

週に1~2日MTXを服用して、服用の1日後にMTXの副作用を抑える葉酸のお薬を飲みます。この1~2日が、サラリーマンでは土日になるわけです。

そして、土日はひどい風邪をひいたみたいに動けません。

また、土日月曜に、ありとあらゆる感染症にかかりやすくなり、人が多いところに出かけようものなら100%風邪や病気にかかります。

また、MTX服用中の本当の副作用で怖いところは、「肺が縮む」「肝機能障害」の2つあります。

私は、肝機能障害が発生し、土日休んでも休めない状態になりました。そして、うつ病になり会社を休職することとなりました。

何が言いたいかというと、MTXは風邪の症状みたいなつらい症状が出たら、治療法を変えるべきです。肝機能障害だから治ったものの、肺が縮んだら一生治らない病気が1つ増えますから。

また、肝機能障害でも、その後ほぼ100%でうつ病になります。休んでも休めない地獄を3年以上続ける事は、正常な時の想像を絶します。

乾癬とリウマチは結構近いところにあり、自己免疫疾患の膠原病としては、併発する人もいるのではないでしょうか?

 

ならば乾癬の治療薬は?

ステロイド(塗り薬)がいいと思います。

私は運がよく、一発でこの薬に出会いました。

(蝶型紅斑は紫外線治療とかしましたが、あまり効果なしでした。まあ、そこは乾癬かどうかわかりませんが・・・)

 

ステロイド自体あまり研究が進んでいない薬なので、色々と嘘が飛び交います。

皮膚が薄くなるだとか、非ステロイドが良いとか言いますが、正直なところ認識違いです。

ステロイドは現代の万能薬という感じです。

確かに強い薬には副作用が伴いますが、使いすぎなければ本当に万能薬です。特に塗り薬なので。

うちの母の肺炎を救って、自分も乾癬がかなり良くなったので、遺伝子的にあっている家系なのかもしれませんが、それでも困っているかたには救いになると思います。(蝶型紅斑は6年くらいかかりましたが、ステロイドの治療薬で、今ではほとんど見えなくなくなりました。)

 

ちなみにリウマチも、数回ですが関節の水を抜いた後、関節に直接ステロイドを注入します。これで私は障害者にならずにいられています。

ちなみに、以上のことは、すべて病院の先生に診てもらって治療を進めてください。

ただし、医者によって処方する薬や治療法が異なるので、自分からこれはOK、これから治療を始めるなど意思表示をしましょう。

私の頭皮の乾癬は、まだまだ続いておりますが、少しずつ良くなってきてはいるので、MTXを止めた今、引き続きステロイド治療をしていきます。

リウマチのセカンドオピニオン治療その2

治療=メトトレキサートを服用せずに寝ているだけ

メトトレキサート(MTX)を飲まずに2週間が経過しました。

検査結果から言うと、肝臓が治ってきました。

リウマチ因子、炎症反応ともに下がっていました。

 

え?MTXっていったいなんなんだろう。

いや~。私の場合、MTX自体が「ストレス」になっていたのですね。リウマチもストレスによるところが大きいみたいです。

 

鬱についてもかなり良い

症状について、自分でわかってきました。

肝臓が悪いと、しんどくなって鬱に入る。

肝臓の調子が良いと、体も休めてうつの症状が良くなる。

 

最近とても調子がよく、来週からの会社への復帰が良い感じで進められそうです。

 

後は落ちた筋力を元に戻すリハビリが必要ですね~

この辺は、筋トレといっても、椅子に座ってゲームをし続けるとか、自転車に乗って買い物に行くとかいうレベルです。

自転車はしんどい。( ;∀;)

 

だけれども、本当によかったと思います。

病院も、「薬を出さない勇気」が治療として大切なんですね。

リウマチ治療 セカンドオピニオンの結果は?

朝からセカンドオピニオンへ

リウマチの症状が地元の病院で手に負えなくなったと言う事で、大きい病院へ行ってきました。

1年位前に出来た病院なので、ここは本当に病院か?

と言うような解放感と綺麗さがありました。岡山で救急患者をより受け入れるために作られた病院です。

待ち時間が長かったものの、病院ってこんなものだと思えば、解放感があって綺麗な方が良いですね~(´・ω・`)

しかも、一日で結果がわかるのもいいですね。

 

結果から言うと、肝臓が悪い、リウマチは良い、だから薬なし。

ただし、検査料1万3千円が飛んでいきました~

 

 

あれ?蝶型紅斑?

ツイッターでTLを見ていると、SLE(全身性エリテマトーデス)の漫画を描いているかたのツイートを発見。

リウマチと同じく膠原病(自分の体を攻撃する自己免疫疾患)で難病とされるものでした。

朝こわばる、わかる~とぽちっと押した後に気が付きました。

あれ?私は蝶型紅斑出ていますが・・・w

 

わかってはいけなかった。正直やばいです。

そういえばよく扁桃腺炎とか言って、40度くらいの熱が続いたり、インフル反応の出ないインフルっぽいのに悩まされていましたが・・・まさかね。

 

リウマチも難病ですが、さらに複雑化されては困るので、ココはリウマチと言う事にしておきましょう。

人生のリウマチインフェルノモードを寛解して、肝臓が悪くて入院一歩前の数値ヘルモードくらいに下がったのですから。

 

自分の信じたい解釈で逃げよう。最低でも鬱には効果があるはずです。

 

うつもかなり回復、リハビリも順調

うつ状態からの回復

私の場合、リウマチのメトトレキサートの副作用で、肝臓が侵されてしまい、鬱になっていました。

メトトレキサートの服用も完全にダメになり、それが逆に良く、最近だんだんと調子が良くなってきました。

大きなところでは、友人に自分から連絡することができました。挨拶することや、自分から電話ができた事が大きいです。

 

また、子供2人の家庭訪問も、はじめてお会いする先生と普通に会話ができました。

そして家庭訪問の後、眼科へ行くこともできました。ちょっとした「ものもらい」でしたが、病院へ行く方向へすすめました。

 

普通の人から見れば、「それがどうした?」的な話ですが、うつ状態の自分が、ここまで回復するのに5ヵ月を要しました。

これは、回復が早い方だと言う事も強く主張しておきます。

 

うつ状態の人へのかける言葉

うつ状態の人に「がんばって!」と声をかけるのは良くないと言われていますが、みなさん本当の意味を理解されているでしょうか?

うつになる前の「私は」最低でも理解していませんでした。

うつから回復した今なら、ダメな意味も、本当にかけるべき正解の言葉がわかります。

先ずは正解の言葉は、、、

 

「大丈夫だよ、落ち着いて。」

 

です。私が、過去に妻からかけられて、一番救われた言葉です。

 

そして、「がんばって!」がダメな理由は、うつになった人ならだれてもわかるはずです。

そう、「がんばりようがない」からです。

 

うつの時の本人は、何を周りが言っているのか理解もできず、ただただ不安だったり、時間が飛んで(タイムリープして)いたりする状態です。

そうです、脳が動いていないのです。似たような状態と言えば、自転車のハンガーノックダウン中の人や、熱中症で意識がもうろうとした状態です。

それらの人に、「がんばって!」と声をかけるでしょうか?

動きようがなく、がんばりようがないのです。

 

最初に戻りますが、それらの人には適切な処置をするのと並行して、声をかけるのではないでしょうか。

 

「大丈夫だよ、落ち着いて。」

 

これが、適切な処置をしてくれる人から言われると、すごく安心できます。

それは、心療内科の先生かもしれませんし、親や兄弟、親戚、親友かもしれません。

 

最後に、処置の言葉になりますが、付け足すとすれば、この言葉になります。

 

「ゆっくりと休んでください。自分に合ったうつの薬と時間が解決してくれます。」

歯医者リベンジ。考えるよりも動くが易し。

いざ歯医者へ

先週すっぽかしてしまった歯医者へ、行ってきました。

ひとまず、平謝りしたら、全然気にしない的なことを言っていただけて、一安心しました。

急に受付のおば、お姉さまが神々しく見えてきました。

 

歯医者も来週で最終回となり、会社への復帰の第一歩となります。

そもそも、鬱にならなければ、歯磨きを忘れることもなく、普通に暮らせていましたが、仕方ないこともありますね。うつ病のあるあるネタで、虫歯になる事はあるのかな?

あと、何回かブログで記載しましたが、何度でも言います。

「朝が弱い」「朝だけ特にだるい」と思っている人。それは、リウマチの可能性があります。一度、リウマチ因子の血液検査を受けて診られるとよいです。

私は若いころ、脳の検査までしてもらって、病気を見つけられませんでした。

自律神経失調症などと甘く考えていたら、筋肉や関節が変形して動かなくなっちゃいますよ(^_-)-☆

 

うつ病と私

うつ病という病気自体、誰でもなる可能性があります。

私は、うつになって回復した友達に、「お前はたぶん大丈夫」と言われていた経験があります。

しかし結果、うつになりました。

逆に、私のように薬の副作用で肝臓を悪くして、鬱にならない人がいたら見てみたいです。

ちなみに、元々肝臓は強い方で、日本酒を1升あけても大丈夫な人間でした。それで肝臓を壊すのだから、薬の副作用と言うものは恐ろしいものです。絶対に安易に考えてはいけません。

※お医者さんが処方してくれる薬です。

 

会社への復帰

話はそれましたが、着々と会社へ復帰する準備が整いつつあります。あと2つやることがあります。

  1. 国家資格の情報処理試験「プロジェクトマネージャ」を取得する。
  2. スマホ用アプリを作る。

これらができれば、会社へ復帰できると思います。

資格は簡単ではないと思いますが、うつになる以前の私なら、勉強時間さえ取れれば、問題ないと思っていました。

スマホアプリ作成は、お仕事の一部で、そういうお仕事もいただいたりします。

自分のほしいモノすら作れないようでは、お客様のほしいモノなど作れません。

 

しかしながら、まだ少し肝臓が悪いようで、抗うつ剤を飲んでも、睡眠薬を飲んでも寝られない時間があります。

それも今までなら、2週間以内には治っていたので、できる時にリハビリをやっていきます。

しかも今は、無理しないように、やりたい事だけやっていきます。

リウマチについて

うつ状態になってから、リウマチの薬をいったん止めていました。

この、メトトレキサートと言う薬は本当にもう副作用が激しいです。

 

そして、整形外科へ行ってきました。薬を止めてから確かに節々がこわばり曲げにくいです。

一旦採血をして、結果待ちです。