心療内科へ行ってきました。復帰後編~その6

毎週だった心療内科の頻度が下がりました

2週間に1回のペースで心療内科に行くことがOKになりました。

以前も記載しましたが、心療内科の日が一番きついと感じていたため、心に少し余裕ができました。

会社の勤務時間は何ら進展はないのですが、

こうした一歩一歩の積み重ねが大切だと感じています。

 

心療内科の先生は、初見では少し頼りない印象でしたが、

ここにきて、ものすごく腕の良い先生だと思います。

腕の良い先生と言うのは言い過ぎかもしれませんが、私にとって相性の良い先生に恵まれていることは確かです。

 

通常は半年で回復すると、とても順調という鬱ですが、そのペースで成し遂げてくれている先生には感謝です。

 

コメントをくださったノンタンさんへ

コメントありがとうございました。

リハビリ日記を更新するモチベーションが一気に上がりました。

 

私のようにリウマチ→薬で肝臓壊す→鬱のコンボの場合、

仕事に対して前向きな部分もあり、復帰にあせりがちになりました。

しかし、ゆっくり休むことが肝心で、先生からも「あせりすぎ」、「調子に乗りすぎ」と怒られることが多かったです。

 

復職の動機ですが、実際のところ、子供4人を養うには半年が休職の費用的なリミットでした。

そのため、今度はお金のことでストレスになりそうだったところが大きいです。

 

あと、どのくらい仕事に前向きかと言うと、2億円の宝くじが当たっても、すぐには会社を辞めずに、調整して少し貢献してから円満退社したいくらいの前向きさです。

結構、前向き度が高いと思いますよ~(*’▽’)

 

 

人にはあまり教えたくない、私の持っている本音情報はこのくらいですが、少しでも参考になればと思います。

現実は甘くないからこそ、今を休め!(byジロークラブ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です